ソフィーの洋書テキスト一覧2


ソフィーの洋書テキスト一覧のトップページへ戻る

2. 社会実現系small

A.コミュニケーション

how-to-win-friendsコミュニケーションの基本を学ぶための古典的名作
“How to win Friends and influence people” by Dale Carnegie

1930年代に出版されてから今に至るまで売れ続けている超ベストセラー&ロングセラー。人の気持ちを動かし行動してもらうためのコミュニケーションの原則や具体的なメソッドが満載。ストーリーも豊富で読み物としても楽しい。コミュニケーションを改善したいすべての人にオススメ。(3ヶ月) [→講座詳細]

conversationally-speaking1対1の会話の教科書
“Conversationally Speaking” by Alan Garner

最新のコミュニケーション学をベースに効果的な1対1での会話を展開するためのテクニックをまとめた本。会話を盛り上げる方法、初対面で仲良くなる方法、相手の誘いを上手に断る方法など、具体的な手法を教えてくれる。その具体的な会話例はそのまま英会話のお手本としても役立つ。(3ヶ月) 🔰本格的に洋書を読むのは初めてという方におすすめ🔰

how-to-talk-to-anyone初対面の人とすぐに打ち解けるためのテクニック集
“How to Talk to Anyone” by Leil Lowndes

知らない人や初対面の人に上手に話しかけるノウハウやヒントをまとめあげた本。多くの人に会う仕事や立場の人にお勧め。ここで紹介されているテクニックを実践すれば、もう人見知りはしなくて済むようになるかも。(3ヶ月)

leadership-and-self-deceptionもっと素直に自然に、良いコミュニケーションができるようになる
“Leadership and Self-Deception” by The Arbinger Institute

もっと楽にコミュニケーションができるようになるには?自然で力強いリーダーになるには?楽しくまわりの人とつながった生き方ができるようになるには?そのノウハウを「箱」という概念を使ってストーリー仕立てで説明した名著。もっと自分に素直に生きたいあなたへ。 (3ヶ月) [→講座詳細]

Bonds That Make Us Free: Healing Our Relationship, Coming to Ourselvesコミュニケーションに関する名著中の名著
“Bonds that Make Us Free” by Terry Warner

“Leadership and Self-Deception”を読み、その「箱」という概念をさらに深めて学びたいと思った方向けの本。コミュニケーションに関わる問題のすべての原因がこれでわかるかも。これを読んで実践すればコミュニケーションの達人になれるはず。 (3ヶ月)

Made to Stick: Why Some Ideas Survive and Others Die人の頭と心に残るメッセージの作り方
“Made to Stick” by Chip & Dan Heath

人々の心にいつまでも残り続けるメッセージに共通している特徴は何なのか。そしてそれをどうすれば自分が作るメッセージに応用できるのか。それをわずか6つのポイントにまとめあげたもの。ブログにもスピーチにもセールスにも報告書にも、あらゆるところに応用可能。 (3ヶ月)

The Story Factor: Inspiration, Influence, and Persuasion through the Art of Storytelling人を動かすストーリーの作り方
“The Story Factor” by Annette Simmons

人が共感するメッセージには必ず体験談などのストーリーが含まれているとし、どうすれば効果的なストーリーをつくれるかを体系化した本。 文章や言葉で人を動かす仕事をしている人は必読。(3ヶ月)

for-women-only女の知らない男の本当の気持ち
“For Women Only” by Shaunti Feldhahn

詳細なアンケート調査により、女性の知らない男性の深層心理を浮き彫りにさせていく本。意外な盲点を8つのポイントにまとめ上げ、その中から女性が身近な男性とのコミュニケーションを改善させるためのヒントを提示していく。(3ヶ月) [→講座詳細]

for-men-only男の知らない女の本当の気持ち
“For Men Only” by Shaunti Feldhahn, Jeff Feldhahn

詳細なアンケート調査により、男性の知らない女性の深層心理を浮き彫りにさせていく本。意外な盲点を8つのポイントにまとめ上げ、その中から男性が身近な女性とのコミュニケーションを改善させるためのヒントを提示していく。(3ヶ月)

two「2人」でできることは無限だ
“Two” by Dan Zadra, Kobi Yamada

「2人」の間のコミュニケーションにフォーカスをあてた本。恋人や配偶者とより良いコミュニケーションをし、さらに良い関係を築きたい人にはもちろん、会社内のチームワーク向上を目指す人にもオススメ。(3ヶ月)[→講座詳細]

5-language-of-appreciation上手な感謝の伝え方
“The 5 Languages of Appreciation in the Workplace” by Gary Chapman, Paul White

職場の雰囲気を変えたいと思っている方へ。著者は人によって「感謝の言語」が異なるものと考え、相手の「感謝の言語」を意図的に使うことで自分の気持ちを伝えられると説く。目の前の一人から職場の空気を変えていくための手法。(3ヶ月)[→講座詳細]

emotions-revealed表情から相手の本当の気持ちが読み取れるようになる
“Emotions Revealed” by Paul Ekman

著者は表情と感情の関連性を研究する専門家。FBIの捜査に協力していることも有名で、彼を主人公としたドラマシリーズも作られたほど。この本を読めばその表情から相手の本当の気持ちを読み取ることができるようになる。さらに自分もより効果的に相手に気持ちを伝えることができるようになる。(3ヶ月)[→講座詳細]

coactive-coachingライフ・コーチングの教科書
“Co-Active Coaching” by Henry Kimsey-House, Karen Kimsey-House, Phillip Sandahl

相手の良いところを引き出すためのコミュニケーション術。ライフコーチングの入門者向け教科書。コーチングに興味のある人や教師、部下を持つ管理職の人やリーダー的立場のある方などにおススメ。(2ヶ月)[→講座詳細]

GettingToYes-coverハーバード流交渉学入門編
“Getting to Yes” by Roger Fisher, William Ury, Bruce Patton

より良い交渉を行うための名著。よく考えてみれば私たちの身の回りには”交渉”で溢れている。人事交渉、仕入れ交渉、価格交渉、夫婦間でのもめ事の解決、国際 紛争の解決など、あらゆる交渉ごとをより良く進めるための必読書!(2ヶ月)[→講座詳細]

getting-past-noハーバード流交渉学中級編
“Getting Past No” by William Ury

交渉を行う際に、相手の態度が初めから”No”の場合はどうすればいいのか?そのカベを乗り越えるための具体的手法とステップを提示。これを読めば多少難しい交渉にも自信を持って臨めるようになるはず。(2ヶ月)[→講座詳細]

it's-not-all-about-me見知らぬ人とすぐに仲良くなる方法
“It’s not All About Me” by Robin Dreeke

知らない人にでも上手に話しかけることができるようになる10のコツを非常にわかりやすくまとめあげた良著。元FBIの著者自身がFBI時代に情報収集のために他人に近づくための手法として実際に使っていたテクニックを紹介。1ヶ月であなたもコミュニケーションの名人に!(1ヶ月)[→講座詳細]

how-to-talk-so-kids-can-learn子供の学習を促進するための声のかけ方を学ぶ
“How to Talk so Kids can Learn” by Adele Faber, Elaine Mazlish

親の声のかけ方によって子供の学習意欲は大きく左右される。子供の学習意欲が自然な形で促されるような、より良い声のかけ方や接し方を教えてくれる本。親子コミュニケーションの改善に役立つのはもちろん、職場での部下の学習意欲促進などにも応用できる。(3ヶ月)[→講座詳細]

cover_justlistenコミュニケーションの達人になるための「聴く技術」
“Just Listen” by Mark Goulston M.D.

精神科医でありビジネスコンサルタントでもある著者が相手に心を開いてもらうための「聴く技術」を体系化した本。これまでに人質解放の説得交渉などでの利用するためにFBIでも指導した経験があるなど、体系化されたその内容は高く評価されている。良好なコミュニケーションをするための基礎的な土台を作るために最適。(3ヶ月)[→講座詳細]

このページのトップに戻る

B.起業

how-to-win-at-the-sport-of-business現在進行形で成功し続ける起業家の生のアドバイス
“How to Win at the Sport of Business” by Mark Cuban

まったくのコンピューターの素人だったのにIT企業を立ち上げ成功し、今ではプロバスケットボールチームのオーナーにまでなった著者が、その成功ノウハウをまとめ上げたもの。もともとはブログ記事だったものを編集してあるので、多少話があちこちに飛ぶ感じはするが、その分気楽に読みやすい。将来起業を考えている人や、起業したばかりの人などにオススメ。読んでいくうちにハートに火がつき、行動せずにはいられなくなる。(1ヶ月)

disciplined-dreaming起業で夢を叶える技術
“Disciplined Dreaming” by Josh Linkner

アメリカ・デトロイトに住む起業家・投資家そしてジャズミージシャンでもあるジョン・リンクナーが書いた「夢を実現する技術」を教えてくれる本。夢を実現するために誰でも実践できる5つのステップが体系的に示されていて、非常に行動しやすい内容。そのノウハウは実際に自分の起業経験の中で自らが行い自社のスタッフたちを指導してきた方法。個人での夢の実現にも、組織での夢の実現にも利用できる。(3ヶ月)

art-of-the-startザ・起業の教科書
“The Art of the Start” by Guy Kawasaki

アップル社でその創業期に活躍した著者が起業の際のノウハウをわかりやすく体系化した本。特にアメリカ西海岸でのスタートアップにフォーカスされているので、その西海岸の起業家たちを取り巻く雰囲気もよくわかり、起業したい気持ちに自然とさせられる。(3ヶ月)

Founders at Workアメリカで起業に成功した人たちの生の声
“Founders At Work” by Jessica Livingston

アメリカで起業し成功した33人のインタビュー集。アップル、 ホットメール、ヤフー、ペイパル、 アドビなど、主にIT 業界で成功した人たちの臨場感あふれる話が聞ける。彼らの声の間から自然といくつかの共通点が浮かび上がってくる。488ページと量は多いが、会話体のため読みやすい。(4ヶ月)

how-to-be-like-waltウォルト・ディズニーの生き方からその起業精神を学ぶ
“How to Be Like Walt” by Pat Williams, Jim Denney

ウォルト・ディズニーの生い立ちから最期までを伝記風に振り返りつつ、彼の考え方や生き方などを学びとっていくという構成。初めて長編アニメーション映画をつくったエピソードやディズニーランドを立ち上げた経緯などディズニーファンならもちろんのこと、それ以外の人も読み物として十分に楽しめる内容。そして彼の生き方から学び、現代に活かせることは極めて多い。(3ヶ月) [→講座詳細]

51vN15YCJyL._SX329_BO1,204,203,200_世界的なムーブメントとなった起業の成功率を高める手法
“The Lean Startup” by Eric Ries

トヨタが世界トップ企業になっていく過程の中で作り上げた「リーン生産方式」からヒントを得て、無駄のない起業ノウハウを体系化した良著。著者自身の失敗経験から「どうすれば顧客のための価値を作り出せるか?」をとことんまで追求し、それを計測することで、組織の力を合わせるための手法にまとめ上げた世界的ベストセラー。スタートアップ企業の創業者はもちろん、既存の起業の中での新規事業立ち上げに携わる方にもお勧め。(3ヶ月) [→講座詳細]

このページのトップに戻る

C.セールス

cover To sell is humanこれからの時代に誰もが必要な最低限のセールススキルが学べる
“To Sell Is Human” by Daniel Pink

モノやサービスを販売するいわゆる”セールスマン”はもちろんだが、それ以外の人も「自分の考えを他人に売り込む」必要は毎日のようにある。そういう意味ではすべての人にとってセールスのスキルは必要不可欠なものなのだ、と著者は説く。誰でもどこでも応用できるセールスの基本原則とその習得方法をわかりやすくまとめた良著。(3ヶ月) [→講座詳細]

ziglarセールスに関する不朽の名作
“Secrets of Closing the Sale” by Zig Ziglar

アメリカにおけるセールスに関するベスト&ロングセラー。1985年の初版以来、今なお売れ続けている名著。著者自身のセールスマンとしての経験談を豊富に盛り込み、セールスマンに必要なテクニックの数々を教えてくれるとともに、そもそもセールスマンシップとは何か、ということについても考えさせてくれる。(4ヶ月)

accidental-salespersonセールスを行き当たりばったりでやっていた人へ
“The Accidental Salesperson” by Chris Lytle

行き当たりばったりや思いつきで行っていたセールスを、計画性のある生産的なものに変えていくためのノウハウを教えてくれる本。新規開拓のセールスを成功させていくための手法を学びたい方向け。(3ヶ月)

このページのトップに戻る

D.心理学

happier-large幸福学初級編
“Happier” by Tal Ben Shahar

ハーバード大学での幸福に関する大人気講義の内容を本にまとめたもの。幸福の種類を4種類に分け、分析しながら考察を深めていくとともに、具体的な幸福感を高めるための行動案も示されており、実践しやすい。(2ヶ月) [→講座詳細]

how-of-happiness幸福学中級編
“The How of Happiness” by Sonja Lyubomirsky

“Happier”を読んだ後、さらに幸福についての考察や実践を深めたい方はこちらがオススメ。人間が感じる幸福感とは一体何なのか?がより明確に理解できるようになる。もちろん実践しながら自分の幸福度もアップさせていくことができる。本の最初と最後に幸福度を計測するテストがあり、実際に実践した上でどれだけ自分の幸福度がアップしたか確認することができるのも楽しい。(3ヶ月) [→講座詳細]

NLP: The New Technology of Achievement超実践心理学NLPの入門書として最適
“NLP” by NLP Comprehensive

もともとアメリカのカリスマ的な心理カウンセラー達の手法を体系化したところから始まったNLPは、現在政治・ビジネス・スポーツ・演劇などあらゆる分野の人に応用されている。その入門書として最適なのがこの本。まったくNLPは初めて、という人はもちろん、ある程度学んだことがある人にもオススメ。(3ヶ月) [→講座詳細]

switchとにかく何かを変えたい人の必読書
“Switch” by Chip & Dan Heath

変化が難しいときにあえて変化を起こすためにはどうすればいいのか、を9つのポイントにまとめあげた本。自分自身に、会社に、社会に、変化を起こしていきたい人は必読。ストーリーも多く単純に読み物としても楽しい。(3ヶ月) [→講座詳細]

このページのトップに戻る

E.マーケティングI

customer-evangelist熱狂的に応援してくれるお客さんのつくり方
“Creating Customer Evangelists” by Ben Mcconnell, Jackie Huba

ある商品やサービスが大好きで自ら進んで宣伝してくれる人を「エバンジェリスト」と名付け、そういう顧客を育てるノウハウを体系化した良著。アップル社やクリスピークリーム・ドーナッツ社等、具体的事例満載で読み物としても面白い。(3ヶ月)

get-more-referrals-nowお客さんに次のお客さんを紹介してもらう方法
“Get More Referrals now” by Bill Cates

保険のセールスマンだった著者による「紹介」によって顧客を増やしていく手法を体系化した本。特にサービスを売る仕事をしている人向け。(3ヶ月)

secrets-of-word-of-mouth-marketing大口の注文の受注をスムースにするための口コミの使い方
“The Secrets of Word-of-Mouth Marketing” by George Silverman

比較的大口の商談を口コミを使って商談のまとまる期間を短くしていく手法を示したもの。大きな商品購入の見込み客はいるが、そこからの正規契約率や契約までに至る時間に改善点がある人にお勧め。(3ヶ月)

no-bs-direct-marketing低予算でできるダイレクトマーケティングの基本10のルール
“No B.S. Direct Marketing” by Dan Kennedy

アメリカのダイレクトマーケティングのク有名コンサルタント、ダン・ケネディが低予算でできる”ダイレクトマーケティング”の基礎を教えてくれる本。そこで示されている「10のルール」を学べば、「人を動かす文章の書き方」のコツが短期間で身につく。(1ヶ月) [→講座詳細]

ultimate-sales-letter人を動かす文章の書き方実践編
“The Ultimate Sales Letter” by Dan Kennedy

“No B.S. Direct Marketing”を読み、さらに具体的に実践してそのノウハウを身に付けたい人に超オススメ。この本ではダン・ケネディがセールスレターの書き方をステップに分けて手取り足取り教えてくれる。セールスレターを書く人はもちろん、人を動かす文章(ブログ、ホームページ、報告書など)を書く人全ての必読書。(2ヶ月) [→講座詳細]

ultimate-marketing-plan中小企業のための身の丈に合ったマーケティング入門
“The Ultimate Marketing Plan” by Dan Kennedy

アメリカのダイレクトマーケティングの有名コンサルタント、ダン・ケネディによる中小事業主のためのマーケティングプランの立て方入門。中長期のプランを持つことで、ひとつひとつのセールスやマーケティングの完成度は倍増できる。今まで自分のビジネスのマーケティングプランを立てたことがない、という人は必読。(3ヶ月)

my-life-in-advertising近代マーケティングの本質を深く知るための本
“My Life in Advertising” by Claude Hopkins

「アメリカ広告界の父」クラウド・ホプキンスによる自叙伝。そこに描かれている広告の原則は今読んでも新しく感じるほど本質的。19世紀後半にそのノウハウを気づき上げたプロセスとそのノウハウそのものの神髄が学び取れる。近代マーケティングの源流に触れ、本質を深く知りたい人向け。(3ヶ月)

Yes!販売心理学の原則を実例とともにわかりやすくまとめ上げた良著
“Yes!” by Robert Cialdini

人はなぜその商品を購入するのか?その理由を科学的な実験と販売現場での実例を提示しながらわかりやすく説明してくれている本。これを読めば人の購入心理を論理的に知ることができ、実際の販売現場で応用できるようになる。セールスやマーケティングの現場に携わる人にオススメ。(3ヶ月)

新しい時代に必要な「書く力」を身につける!「オンラインライティング学」
“Everybody Writes” by Ann Handley

インターネットが普及し、今まで以上にメールやブログSNSなどで文章を書く機会が増えたことにより、文章力の向上がビジネス力の向上にはますます不可欠なスキルとなった。その必須スキルの向上ノウハウをアメリカで実績のあるライターである著者がわかりやすく教えてくれる良著。文章力を上げることでセールス力・マーケティング力・マネジメント力・リーダーシップ力・交渉力など様々なスキルを同時に向上させることができる。(3ヶ月) [→講座詳細]

このページのトップに戻る

F.プレゼンテーション

presentation-secrets-of-steve-jobsスティーブ・ジョブズのプレゼンの極意を学ぶ
“The Presentation Secrets of Steve Jobs” by Carmine Gallo

スティーブ・ジョブズのプレゼンテーションを見て感銘を受けた人は多いだろう。もしかしたらあなたもそんなプレゼンができるようになるかもしれない。この本はスピーチの専門家によるスティーブ・ ジョブズのスピーチのうまさの秘密をまとめあげたもの。プレゼンを仕上げていくプロセスが具体的に示されていて分かりやすい。(3ヶ月) [→講座詳細]

quck-and-easy-way-to-effective-speakingザ・スピーチの教科書
“The Quick and Easy Way to Effective Speaking” by Dale Carnegie

デール・カーネギーのスピーチに関する古典的名著。1930年代の本だが、スピーチおよびプレゼンテーションに関してこの本の右に出るものは未だに出ていない、と 言っても過言ではない。コミュニケーションに関する著作で有名なカーネギーだが、スピーチについてのこの本も良著。大ロング&ベストセラー。(2ヶ月) [→講座詳細]

51VorJ7QyrL._SX313_BO1,204,203,200_本当に言いたいことを簡潔にまとめる技術
“How to Get Your Point Across in 30 Seconds of Less” by Milo Frank

「お前の話はまとまりがない」「要点をまとめてから話せ」などと上司によく叱られる人へ。この本を読めばその弱点を克服し、自分の言いたいことを簡潔に、かつ説得力がUPする形で相手に伝えられるようになる。1対1でのコミュニケーションにも、1対多でのプレゼンテーションにも、どちらにも活用可能。1990年にアメリカで発売されて以来、今でも売れ続けている超ロング&ベストセラー。(1ヶ月) [→講座詳細]

このページのトップに戻る

G.リーダーシップ

78-important-questionsリーダーになるための質問集
“78 important Questions Every Leader Should Ask&Answer” by Chris Clarke-Epstein

リーダーが自らに問うべき78の質問を体系的にまとめた本。他の多くの本と違い、答えはなく、読み手の頭の中に混乱を作る。しかしその混乱が時間とともに熟成し、新たな視点と発想を生み出してくれる。(3ヶ月)

7habitsリーダーシップを身に付けたい人の必読書
“The 7 Habits of Highly Effective People” by Stephen Covey

より良いリーダーとなるため習慣を体系化しわかりやすく説明してくれている名作。 日本語版『7つの習慣』を読んでいまいちピンと来なかった人も原書を読めばそのすごさを絶対に体感できるはず。人間的成長を目指すすべての人にお勧め。(3ヶ月) [→講座詳細]


【分類3】社会実現系largeのページ