2016年1月〜3月の通信コース講座

2016年1月〜3月の通信コース講座「ドリーム爆発パッケージ」と「行動経済学」を紹介します。

predictably-irrational-dreaming-get-across

2016年1月スタートの2つの新講義を紹介します。

1. これまで夢をあきらめていた方へ!「ドリーム爆発パッケージ」2冊セット (デフォルト)

Textbook 1:  “Disciplined Dreaming”  by Josh Linkner

Amazon.comのレビューを見る

51VorJ7QyrL._SX313_BO1,204,203,200_Textbook 2: “How to Get Your Point Across in 30 Seconds or Less” by Milo O. Frank

Amazon.comのレビューを見る

 

テキスト代:2,700円 + 1,500円=4,200円 → 【パック価格】3,500円(税別)

【問題点】 夢の実現は自分には無理だと多くの人が思い込んでしまっている

「夢を持つことは大切だ」とよく言われます。そして確かに「人生の中で自分の夢を叶えられたら素晴らしい」とも思います。でも夢を叶えるって、どうすればできるんでしょうか?そういうことってそもそも限られた特定の才能を持った人だけができることなのではないでしょうか?その他の多くの一般の人たちには無理なことなのではないでしょうか?夢を叶える方法なんて学校でも教えてくれないし、そもそもとても難しいことで、とても自分にはできることには感じられなかったりします。本当に自分にも夢を叶えることってできることなのでしょうか?

【解決策】「ドリーム爆発パッケージ」講座を受講して「夢を叶える技術」を身につけよ!

実は夢を叶えることは、そのやり方さえわかればそれほど難しいものではありません。多くの人はただ単にその方法をよく知らないだけなのです。知らないからできないと思い込んでしまっていて、行動していないだけなのです。

今回開講する「ドリーム爆発パッケージ」講座では具体的な「夢を叶える技術」を学び身につけていきます。この講座では“Disciplined Dreaming”と”How to Get Your Point Across in 30 Seconds or Less”の2冊の洋書をテキストとして使って学んでいきます。

【洋書テキスト1】“Disciplined Dreaming”(夢実現学:2ヶ月)

この本はアメリカ・デトロイトに住む起業家・投資家そしてジャズミージシャンでもあるジョン・リンクナーが書いた「夢を実現する技術」を教えてくれる本。この中では夢を実現するために誰でも実践できる5つのステップが体系的に示されていて、非常に行動しやすい内容になっています。そのノウハウは実際に自分の起業経験の中で自らが行い自社のスタッフたちを指導してきた方法であり、 机上の空論ではありません。そのひとつひとつは具体的でパワフル。個人での夢の実現にも使えますし、組織での夢の実現にも利用できる内容です。

この講座であなたが学べること

この講座を受講することで、たとえば次のようなことを学び、身に付けていくことができます。

  • 具体的な夢実現のための5ステップ
  • ビジネスマンとして成功するための「APRILの法則」とは?
  • 夢を実現する下準備”Creativity Brief”とは?
  • 画期的なアイデアを生み出すための3つの質問とは?
  • イノベーションの達人になるための5つのスキルとは?
  • 創造的なものをつくりだす組織文化を創る方法
  • 自由な発想を促す文化を創る7つのルールとは?

【洋書テキスト2】”How to Get Your Point Across in 30 Seconds or Less”(ビジネスコミュニケーション学102:1ヶ月)

夢を実現させていく過程の中で必要となってくるのが「自分の考え方を他人に効果的に伝える技術」です。自社の商品やサービスのセールスポイントを上手に見込み客に伝えたり、協力を得るために自分のアイデアを効果的に職場の仲間に話したり、ということが重要となってきます。その方法を”How to Get Your Point Across in 30 Seconds or Less”から学び身につけていきます。この本はもともとコミュニケーションのスキルをビジネスマンや政治家たちに教えていた著者が、そのポイントをコンパクトにわかりやすくまとめあげたもの。1990年にアメリカで発売されて以来、今でも売れ続けている超ロング&ベストセラーです。

この講座であなたが学べること

この講座を受講することで、たとえば次のようなことを学び、身に付けていくことができます。

  • 30秒で自分の考えを効果的に伝えるための7ステップ
  • 聞き手の興味を一瞬で引くための具体的手法
  • 話の「つかみ」にユーモアを上手に使うには?
  • 力強いメッセージを作るための文章の構成の仕方
  • パワフルな話のクロージング方法
  • 相手の行動を促すための「リアクション・クローズ」とは?
  • メッセージをドラマチックに色付けするためのコントラスト手法

この講座を特にお勧めする人

この講座は次のような方に特にお勧めいたします。

  • 今まで自分の夢を実現するなんてあきらめてしまっていた人
  • そもそも自分の夢が何なのかはっきりとわからない人
  • そろそろ本気を出して自分の夢に取り組み始めてみたい人
  • 夢を実現できるかどうかはわからないけれど、ひとまずその手法だけを学んでみたい人
  • 夢の実現へ向けて動き出したことはあるけど、なかなかうまく行かなかったという人
  • 自分の夢をある程度実現してきたけど、さらにその先のステージを目指したい人
  • 夢の実現の仕方を他人に教えてみたい人

参考英語レベル

この講座を受講するために必要な英語力の目安はTOEIC550点、英検2級程度。それ以上の英語力と内容に対する興味さえあれば、この内容を学び夢を実現していく技術を自分のものにしていくことができるようになっていきます。

受講後に期待できる効果

この講座受講が終了する3ヶ月後には、夢を実現するということがそれほど特殊な能力を必要とするものではない、ということが理解できているでしょう。そして今よりもずっと自分の夢が鮮明で明確になってきていることでしょう。その夢を実現するために伝えたいメッセージを伝えるべき人に効果的に伝える技術も向上しているでしょう。もしかするとその夢のいくつかは実現に向けて動き始めているかもしれません。

2. 私たちの身近な日常生活から経済を学ぼう!「行動経済学」

Textbook:  “Predictably Irrational”  by Dan Ariely

テキスト代:2,000円(税別)

Amazon.comのレビューを見る

【問題点】  従来の「経済学」ってピンと来ない

テレビのニュースを見ていると様々な経済用語が出てきます。GNP、日銀の金融緩和政策、貿易黒字、財政赤字、経済成長率などなど。しかし、これらの経済用語は堅苦しすぎて、正直言ってなかなか頭に入ってきにくいもの。「このまま経済に無関心ではいけない」と思い、ニュースをわかりやすく解説してくれる番組などを見てみても、もわかったような気になるのは番組を見ている間だけ。やっぱり経済ってよくわからない、って感じてしまう人は少なくないでしょう。こういう場合どうしたらいいのでしょうか?経済というものが身近に感じられずどうしても頭に入ってこないように感じる人が、経済について学んでいくための良い方法ってないのでしょうか?

【解決策】 身近な日常生活の出来事から経済を学ぶべし

従来の経済学はあまりよく頭に入らない感じがする方にぜひお勧めしたいのが「行動経済学」というカテゴリーの経済学。これは心理学などをベースに私たちの身近な日常生活の行動に焦点を当てたもの。たとえば「なぜ商品Aの方が商品Bより売れるのか?」など、身の回りにある経済活動をとりあげて分析していくような経済学です。国や政府などの視点からお金の流れなどを見ていく従来の経済学よりもグッと身近であり、私たちの多くにはとっつきやすいテーマになっていてます。近年日本でも関連書籍がブームになっていますが、中でもそのブームの発端となった”Predictably Irrational”(邦訳『予想どおりに不合理』)は秀逸。2010年にアメリカで発売され、今でも売れ続けている超ベストセラーです。Amazon.comの読者評価の数と高さを見ればその内容の素晴らしさを推し量れるでしょう。 → Amazon.comのレビューを見る

これまで経済に全く興味のなかったのにこの本をきっかけに経済に興味を持つようになったという人も少なくありません。

今回ソフィー・ジ・アカデミーではこの”Predictably Irrational”をテキストとした「行動経済学」を開講します。

この講座であなたが学べること

この講座ではたとえば次のようなことを学ぶことができます。

  • 私たちはどのように物事を判断しているのか?
  • 私たちはなぜお金を無駄遣いしてしまうのか?
  • 私たちの多くが最初の恋愛で失敗する理由
  • スターバックスがコーヒーのサイズを「スモール、ラージ」ではなく「ショート、トール」と呼ばせている理由
  • スターバックスが「ベンティ」サイズのコーヒーを用意している理由
  • 高価な薬の方が効果が高いのはなぜか?
  • 職場に倫理規定を作ることが実際に不正を減らすのに効果があるのはなぜか?
  • 私たちはどうして物事を先延ばししてしまうのか?
  • 私たちは商品の「高い」「安い」をどのように判断しているのか?
  • お客さんにより高い商品を購入してもらうための「おとりの選択肢」とは?
  • 私たちの判断に大きな影響を与える「アンカリング」とはどのようなものか?
  • 無料のものを選ぶことが必ずしも最善の選択ではない理由
  • なぜ趣味でやっていたことを仕事にすると楽しくなくなってしまうのか?
  • なぜお金でやる気を出させようとするとうまく行かないのか?
  • Eメール中毒から抜け出すにはどうしたら良いのか?
  • 他の人から見たら明らかに不要なものを私たちがどうしても捨てられないのはなぜか?
  • レストランの雰囲気は味の良し悪しに影響を与えるか否か?
  • 私たちがより良い決断をするにはいったいどうしたら良いのか?

この講座を特におすすめする人

この講座は次のような方に特にお勧めします。

  • 経済を学ぶとっかかりが欲しい方
  • 経済学は苦手だけど心理学なら興味はある、という方
  • より良い判断力を身につけたい、と考えている方
  • 経営者や起業家
  • 教師やコーチ
  • マーケティング担当者やセールス担当者
  • 行動経済学に興味がある方
  • 経済学の原書を読んでみたい方

参考英語レベル

必要な英語力の目安は英検準1級以上、TOEICは700点以上。それ以上の英語力と本の内容に対する興味があれば、この講座を受けることで”Predictably Irrational”を読み、行動経済学の基礎を身につけていくことができるようになります。

受講することで期待できる変化

この講座が終了する3ヶ月後、受講者は経済学の基本的な視点を身につけることができているでしょう。また物事の判断をより理性的にできるようになり、決断力高まっているでしょう。さらにここで学んだ内容を他人の決断をサポートするためにも使えるようになるため、仕事でより成果が上がりやすくなっているでしょう。