2011年1月〜3月の通信コース講座

2011年1月〜3月の講義案内です。

世界中で人間関係の問題を解決してきた古典的名著

Communication101 – コミュニケーション学101

1439167346 【コミュニケーション学101】 "How To Win Friends and Influence People" by Dale Carnegie

テキスト代:2,500円

立ち読みする
amazon.comのレビューを見る

人間関係の悩みってつきないものです。

会社の上司との関係、部下との関係、お客さんとの関係、子どもとの関係、親との関係、配偶者との関係、友達との関係、ご近所さんとの関係、などなど。

実のところこの人間関係の悩みが人の悩みの大半を占めているのかもしれません。

しかしながら私たちの多くは、人間関係を良くするための方法を体系的に学んだことがありません。コミュニケーションというのは人が生きていく上で書かせないスキルなのにも関わらず、改めて学んでみたことというのがない人がほとんどなのです。

もしあなたが今少しでも人間関係の悩みを持っているのならぜひおススメしたいのが今回の講座「コミュニケーション学101」です。

この講座では"How To Win Friends and Influence People"をテキストとして扱います。

この本は1937年初版の古典的名著。今なお世界中で売れ続けています。

Amazon.comの読者評価の多さと高さを見れば、この本のすごさがわかるでしょう。
amazon.comのレビューを見る

もちろん日本でも翻訳本が出ています(邦題『人を動かす』)。しかし、原書の方がデール・カーネギーの言葉のエネルギーが直接感じられます。

カーネギーの文章が持つ、独特の優しさと深みは原書でしか味わえないので、日本語版を読んだことがある、という人もぜひ一度原書を読んでみてほしいと思うのです。原書を読めば、理解はぐっと深まり、実践できる範囲も広くなってくるはずです。

この講座であなたが学べること

このコミュニケーション学101ではたとえば次のようなことを学ぶことができます。

  • あなたの第一印象を良くするための方法
  • 会話上手になるための方法
  • 相手に自分を好きになってもらうための方法
  • 他人に影響を与えるための方法
  • 他人から協力してもらうための方法
  • 他人を自然に変えるための方法
  • 良いリーダーシップをとるための方法

コミュニケーションについての具体的な方法が満載です。

このうちのいくつかは知識としてはすでに知っているものもあるかもしれません。でも、この講座を受講するとその理解が深まりその知識を実践できるレベルまで高めることができるでしょう。

お勧めする人

この講座は次のような人に特にお勧めします。

  • 教育関係の仕事をしている人
  • コーチング・カウンセリングなどの仕事をしている人
  • 営業マン
  • 会社経営者
  • 中間管理職
  • 家族のコミュニケーションを改善したいと思っている人
  • コミュニケーションに関する悩みを持っている人

受講後に期待できる効果

繰り返しますが、原書の中から感じられるデール・カーネギーのエネルギーには独特のものがあります。そのエネルギーをぜひ感じながらコミュニケーションを学んでみてください。

コミュニケーション学は非常に普遍的な知識で、あらゆる場面で一生使いつづけることができるものです。

この講座を終えた3ヶ月後、まわりの人たちの表情が変わってきているはずです。

『経営戦略」について書かれた世界で最初の本

Drucker Management104 – ドラッカー経営学104

0060878983 【ドラッカー経営学104】 "Managing for Results" by Peter F. Drucker

テキスト代:1,700円

立ち読みする
amazon.comのレビューを見る

2011年ももう1回ドラッカーの本をテキストとした講座をします。どうしてもこの本だけは扱っておきたいのです。

今回の「ドラッカー経営学104」のテキストは"Managing for Results"。

これはドラッカーの多数の著書の中で「経営戦略」だけについて書かれた唯一の本です。

1964年が初版。今は本屋さんのビジネスコーナーに行けば経営戦略についての本はたくさんあります。でも、この本はドラッカー自身も明言している通り「経営戦略について書かれた世界で最初の本」です。

他のほとんどの経営戦略に関する本はこのドラッカーの考えから派生したものと言えるでしょう。

ソフィー・ジ・アカデミーが勧めている効果的な学び方のひとつに「情報の源泉をたどる」という方法があります。

情報のモトに近づけば近づくほど、情報がわかりやすく、本質的なものが潜んでいることが多いので、枝葉の情報をたくさん得るよりも、モトの情報をちょっとだけでも得たほうが効率よく理解を深めることができるのです。

その「情報の源泉をたどる」という意味で、経営戦略について知りたければ、いろんな人によって書かれたたくさんの著書を読むよりも、このドラッカーの"Managing for Results"を一冊読んだほうが効率が良いのは間違いありません。

この本の内容を学べば、ある企業がどうして特定の意思決定を行ったのか、かなり理解できるようになるでしょう。

またある企業の特定の意思決定が、きちんとした戦略的思考に基づくものなのか、それとも場当たり的な思い付きによるものなのか区別することもできるようになるでしょう。

さらに自分の会社がどのような戦略を取るべきなのか、論理的に考え判断できるようにもなってくるでしょう。

「事業戦略」というと複雑で大変難しいように感じるかもしれません。

しかしこの本を読んでみるとわかりますが、実はそれほど複雑なものではありません。

非常にシンプルで直感的にもわかりやすいものがほとんどです。

実際、シンプルなものでなければ、組織の中で全員に浸透させ実行してもらうことはそもそも不可能です。

この講座であなたが学べること

この「ドラッカー経営学104」の中では例えば次のようなことを学ぶことができます。

  • 「強み」を基礎とした事業戦略の立て方・実行の仕方
  • 事業戦略を立てるための製品分類の方法
  • 「マーケティング8つの現実」とは?
  • 「知識」の戦略的活用方法
  • ビジネスチャンスを見つけるための3つの問い
  • 成果を上げるための3つの能力
  • 人材を最大限に活用するための方法

お勧めする人

この「ドラッカー経営学104」は次のような人に特にお勧めします。

  • 会社経営をしている人
  • 会社経営幹部
  • 中間管理職
  • 将来経営者になりたい人
  • 将来会社幹部や管理職を目指している人
  • 会社の意思決定の理由を知りたいと思っている人
  • とにかく「目に見える成果」を出せる人になりたい人

受講後に期待できる効果

上記に当てはまる人はぜひこの講座の受講をお勧めします。

3ヵ月後、「事業戦略」というものが実はそれほど複雑なものではないことがわかるようになっているでしょう。

そして中長期的な視点に立って判断・意思決定・行動ができるようになっている自分に気がつくことでしょう。