2013年1月〜3月の通信コース講座

2013年1月〜3月の講義案内です。

これまであきらめていた行動や習慣を身につけたい方へ

Willpower – 意志力学

1583334386 【意志力学】 "The Willpower Instinct" by Kell McGonigal

テキスト代:2,600円

amazon.comのレビューを見る

「新しいことをはじめてもなかなか続かない」
「やめたいと思っている習慣をなかなかやめられない」
「自分は意志が弱いからだめなのかもしれない」

もし一度でもそんなふうに感じたことがあるなら、ぜひ受講してほしいのがこの「意志力学」です。

この講義ではアメリカで2011年末に発売され、ベストセラーになった"The Willpower Instinct"をテキストとして使います。

この本は発売以来非常に高い評価を受けており、Amazon.comの読者評価でも高い数字を残しています。
amazon.comのレビューを見る

著者のKelly McGonigalはスタンフォード大学で人間の「意志」の性質を科学的に研究している新進気鋭の研究者。彼女はこの本の中で、「意志力」に関する最近の様々な科学的な発見を紹介してくれています。

これを読むと、いかに現代に生きる私たちが「意志」というものに関して間違った常識をもっているのか、がよくわかります。私たちは単に「意志力」に関する正しい知識を持っていないからそれを上手に活用できていないだけなのです!

この本を読み、意志の力に対して、科学に基づいた正しい知識をもつことによって、それを上手に使うことができるようになります。

また、著者は意志力に関する科学的な知識だけでなく、それを高めるための具体的なエクササイズやトレーニング方法も紹介してくれています。そのほとんどは比較的簡単で誰にでもできるものです。

これらのトレーニングの中から自分にあったものをいくつか実践してみるだけで、これまであきらめてきた新しい習慣を身につけることや、悪い習慣を断ち切ることが、可能になってきます。また、他人の習慣や行動を変えるサポートもより上手にできるようになってくるはずです。

この講座であなたが学べること

この「意志力学」を受講すると、 例えば次のようなことができるようになってきます。

  • 新しい習慣をよりスムースに身につけることができるようになる
  • 喫煙など、やめたいと思っている習慣をより楽にやめることができるようになる
  • 今までより仕事を楽に、そして効率よくできるようになる
  • 食生活などをより良いものに改善できる
  • どうして「やってはいけない」と思うことを、ついやってしまうのかが理解できる
  • 意志力には3つの種類があり、それぞれを上手に使い分ける方法がわかる
  • 人を育てるのが上手に、そして楽しくなる

お勧めする人

この「意志力学」は次のような人たちに特にお勧めします。

  • 新しく身につけたい習慣を持っている人
  • やめたいと思っている習慣がある人
  • 自分の意志が弱いと思っている人
  • 自分の意志力をより向上させたいと思っている人
  • 教育関係者
  • 経営者や将来独立を希望している人
  • 管理職についている人
  • 子育ての最中の人
  • ダイエットに取り組みたいと思っている人
  • 禁煙に取り組みたいと思っている人

受講後に期待できる効果

この講座のテキストである"Willpower Instinct"は、著者が教えているスタンフォード大学で大人気のクラスを文章にまとめたものです。

そして、このクラスに参加した生徒たちのほとんどはコース終了後のアンケートでクラス内で得た知識によって自分の意志力が向上したと感じたり、実際に習慣や行動を改善することができた、と報告しています。

この「意志力学」を受講すれば3ヶ月後には彼らと同じような変化があなたにも起こります。

ぜひこの機会にこの講座の受講をご検討ください。

※著者のKelly McGonigalがWillpowerについて話しているVideoはこちらで見ることができます。

これからの「ものづくり」のあり方を知りたい方へ

Near-Future Entrepreneurship – 近未来起業学

0307720950 【近未来起業学】 "Makers" by Chris Anderson

テキスト代:2,500円

amazon.comのレビューを見る

日本の経済は引き続き停滞しており、世界経済の動向も不透明です。

日本の工場はどんどんアジアにシフトしていっており、この国のものづくりはどうなってしまうのか不安に感じている人も少なくありません。

これから日本の経済はそして世界の産業はどうなっていってしまうのでしょうか?

そして日本をはじめ先進国のものづくりはどうなってしまうのでしょうか?

このままアジアやその他の新興国に工場を奪われてしまいどんどん衰退していってしまうのでしょうか?

それらの問いに一定の「答え」を見いだし、私たちができることを明確にしていくのが、この「近未来起業学」です。

この講義ではテキストとしてChris Andersonの"Makers"を使います。

著者はアメリカの人気テクノロジー雑誌"Wired"の前編集長であり、日本でもベストセラーとなった『ロングテール』や『フリー』を書いたことでも世界的に有名な作家です。

彼はこの本の中で、立体のものを「印刷」できる3Dプリンタの出現や、インターネットの発達などによって、「ものづくり」のありかたが今後急速に変わっていくだろう、と予測しています。

そしてその変化は決して遠い未来のものではなく、すでに今現在起こり始めているものである、として様々な事例をあげてくれています。

さらには著者自身もこの変化の一部となるべく、自分で"3D Robotics"という自作ラジコンヘリコプターなどをネットで販売する会社を立ち上げ雑誌の編集長を辞めてしまってもいます。

このあたりの経緯からもこの本の中で書かれていることが決して学者の「机上の空論」ではないということが感じられるのではないでしょうか。

インターネットが発達したことで世界が変わることを予言してきた本は他にもたくさんありました。

しかし、それが「ものづくり」にこれほどまでに深い、個人レベルまでに及ぶ影響を与えるであろうことをここまで明確に示した本はこれまでになかったでしょう。

この講座であなたが学べること

この「近未来起業学」を受講すると、次のようなことがわかります。

  • 話題の3Dプリンタとはいったいどのようなものか?
  • 3Dプリンタでいったい何ができるのか?
  • 著者が言う「新しい産業革命」とはいったいどんなものなのか?
  • 新しい産業革命の中で組織はどのように変わるのか?
  • 未来の工場はどのようにかわっていくのだろうか?
  • 今後先進国では人はものづくりにどうかかわっていくようになるのだろうか?
  • 新しい産業革命の中で個人が今できることはいったいなんだろうか?
  • 未来の"Makers"のマーケティング方法とは?
  • 未来の"Makers"の資金調達の仕方はどんなものになりうるのか?
  • どうすれば自分も"Makers"のひとりになれるのか?

お勧めする人

この「近未来起業学」は次のような人たちに特にお勧めします。

  • ものづくりが好きな人
  • 将来の経済動向に不安を持っており、その中に希望を見いだしたい人
  • 未来の働き方がどうなるのか知りたい人
  • ものづくりに直接、もしくは間接的にかかわった仕事をしている人
  • 教育関係者
  • 会社経営者、もしくは将来の経営者
  • 政治家や官僚、もしくはその候補者

受講後に期待できる効果

この講座を受講する前と受講した後では、世の中や経済がまったく違ったものに見えてくるでしょう。そして今の混沌とした経済の中で、自分が何をするべきかがかなり明確に見えてくるはずです。

ぜひこの機会にこの「近未来起業学」の受講をお勧めします。