洋書を使った英語学習を定着させるための「モーニングリーディング」のススメ

洋書を使った英語学習を成功させるためには、何よりまず「継続する」ということが重要です。今回は継続し習慣化するためにできる取組みとして、ソフィーでおすすめしている方法をひとつ紹介します。

tea-drink-me

【問題点】特に最初の段階では、継続するのが一番難しい

洋書を使った英語学習を成功させるためのコツはいくつかあります。しかしその中でももっとも重要なもののひとつが「継続する」ということでしょう。どんな学習も継続しなければ成果が現れることはありません。しかし、特に学習しはじめの段階ではこの「継続する」ということが、結構難しいものです。はじめはそもそも大量の英文を目の前にしただけで目まいがしそうになる人もいるかもしれません。忙しくって時間が取りにくい人もいるかもしれません。

では、洋書を使った英語学習を継続させていくためには、一体どうしたら良いのでしょうか?

【提案】モーニングリーディングをしてみよう

洋書を使った英語学習を習慣化していくためにソフィーでおすすめしている方法のひとつが「モーニングリーディング」というものです。これは文字通り「毎朝洋書を読む」という非常にシンプルな手法。朝、少しだけ時間を取って洋書を読む時間を取り、「良い英語」をインプットしてから一日をスタートすることで「良い状態で一日がはじめられる」という、おまけの効果も得られます。 具体的なやり方の一例をわかりやすくステップにまとめてみます。

[STEP1]朝いつもより20分だけ早く起きる

20分は目安です。もちろん30分でも、1時間でも構いません。ただ、ムリのない程度でスタートしましょう。

[STEP2]コーヒーや紅茶、ジュースなど好きなドリンクを用意する

好きなドリンクを入れること自体も一種の儀式です。そのプロセスを楽しみながら用意すると良いでしょう。この際に好きなBGMを流すのも良い案です。

[STEP3]タイマーで時間を計り10分だけ洋書を読む

timerソフィーの「学習ステップ」に沿って読みましょう。もちろん、もし興味を惹かれるところがあればステップから外れて読み込んでいっても書いまいません。朝、出かける前に時計を気にしなくて済むようにタイマーできちんと時間を図っておくのも忘れずに。

[STEP4]もう一度10分計り、今度は洋書を読んで思ったことや感じたこと、行動しようと決めたことを徒然なるままに書く

読むだけで終わらずに、書き出す時間も持つようにしましょう。それによって記憶が定着しやすくなりますし、後から学習の進歩を確認する時にも役立ちます。

[STEP5]書いたノートを写メなどでソフィーのスタッフに送る(オプション)

書いた内容を誰かにシェアすれば、その行動を継続する良い動機づけになります。ソフィーの生徒なら担当のスタッフにメールしてみましょう。場合によっては生徒同士でメールして共有しあうのも良い案かもしれません。

[STEP6]有意義な時間を持てたことを確認し、味わい、終了する

最後にノートを見返して、モーニングリーディングの内容をもう一度振り返り、有意義な朝のひとときを改めて味わってから本とノートを閉じましょう。

まとめ

「自宅が集中しにくい」という方は、早目に自宅を出て会社近くのカフェで毎朝時間を取るようにすると良いかもしれません。「自分は夜型だから夜のほうが集中できる」という方はこの時間を夜寝る前などに取るようにするのも良いかもしれません。それぞれの生活スタイルに合わせていろいろと調整してみてください。

まずは「習慣化する」ということが重要なので、気分が乗らない時は洋書を開くだけ開いて何もせずにボケーっとしているだけでも構いません。とりあえず最初は「30日間」を目安に継続してみましょう。