【講義紹介】「マーケティング学103」with “This is Marketing”

 

マーケティングの本質を学び、売り手も買い手もハッピーになる「マーケティング学103」(受講期間:3ヶ月) 通信コース:2024年6月、通学コース:2024年7月 から受講可

This is Marketing” by Seth Godin

→ Amazonのレビューを見る

テキスト代:3,000円(税込 3,300円)

 

多くのマーケティング手法は本質から離れてしまっている

あなたは「マーケティング」という言葉にどんなイメージを持っているでしょうか?

顧客のデータを集めて分析する、とか、広告宣伝をする、というのが一般的なイメージかと思います。

場合によっては、強引な勧誘や、誇大広告、ニセの情報などで嫌な思いをしたり、個人情報が取られる、しつこく宣伝する、だまして買わせるための企業戦略、のような、お客さんの側として、あまりいいイメージを持っていない人もいるかもしれません。

また、マーケティングの仕事をしている人の中には、お客さんを人として見るのではなく、自分たちのものを売るための有益なデータとして見るようになってしまい、お客さんのためではなく、自分たちの利益を得るためになってしまっているのではないか?と、モヤモヤとした気持ちを抱え、心から楽しく働くことができないという人もいるかもしれません。

「よいものを作って喜んでもらう」というビジネスの本質、人の本質から離れてしまっているマーケティングは、売り手も買い手もハッピーにはならないことは明らかです。

では、売り手も買い手もハッピーになる本質的なマーケティングをするにはどうしたらよいのでしょうか。

「マーケティング学103」を読むべし!

本質的なマーケティングを学び、実践したい人におすすめなのが「マーケティング学103」。洋書テキストは、” This is Marketing: You Can’t Be Seen Until You Learn to See “です。

著者のセス・ゴーディンは、これまでにも多数の著書を出版し、どれも世界中でベストセラーとなっています。
(セス・ゴーディン ホームページ→ https://www.sethgodin.com

彼の著書やセミナーで広まった「パーミッション・マーケティング(Permission Marketing)」「紫の牛(Purple Cow)」「トライブ(Tribes)」「運命の谷(The Dip)」といった言葉を、ビジネス、マーケティング用語として見たり聞いたりしたことがあるという人も多いでしょう。

TEDトークにも何度か登壇していて、切り口のおもしろさと、ユニークな言葉選びで、人気のあるスピーカーのひとりです。
(セス・ゴーディン Ted Talks→ https://www.ted.com/speakers/seth_godin

セス・ゴーディンはこの本で、小手先のテクニックを並べるのではなく、マーケティングとは何か、マーケターの仕事とは何か、ということを改めて定義し、”Who can you help?” “What’s it for?” 「誰のために?」「何のために?」といった根源的な問いを繰り返し投げかけ、あなたが「どんな人の、どんな人生をよくする手助けがしたいのか」を考えながら読み進めるようになっています。

こうした問いを持つことで、ビジネスとは「誰かにあなたの商品を買わせること」ではなく、「誰かの問題を解決すること」だという基本に立ち返ることができます。

そして、あなたやあなたの組織が持っている知識、知恵、技術、資源を、誰かのために役立てることについて、考え、仕事をしていくことは、あなたのお客さんはもちろん、あなた自身にも日々の喜びをもたらすことでしょう。

この講座であなたが学べること

この講座ではたとえば次のようなことを学ぶことができます。

  • マーケティングの本質
  • これまでのマーケティングとこれからのマーケティングの違い
  • マーケティングの5つのステップ
  • マーケターが知っておくべき6つのポイント
  • マーケティングでよくある間違った思い込み
  • マーケターが語るべきストーリー
  • あなたの商品やサービスが誰のためのものかを知るための3行テンプレート
  • 他の商品やサービスとの違いを明確化するXYポジショニング
  • マーケターに必要な共感力の育て方
  • マーケターが理解すべき人の心理、ステータス
  • 自分のビジネスの現在とこれからを知るための事業計画書の書き方
  • 人の意思決定に役立つ適切な記号、シンボルの選び方・使い方

この講座を特におすすめする人

この講座は次のような方に特にお勧めします。

  • 従来のビジネスの手法に限界や違和感を感じている人
  • 無理な勧誘や強引な営業ではなく、本当に相手の役に立つもの・サービスを提供したい人
  • 人と人とのつながりを大切にしながら仕事をしたい人
  • 人に対する共感力や理解力を高めたい人
  • マーケティングの勉強をはじめたいと思っている人
  • マーケティング担当の人
  • 起業家、将来起業したい人
  • 自分の得意なこと、好きなことを、それが必要な人や興味がある人に共有したい人
  • セス・ゴーディンや彼の著書に興味があったけれどまだ学んでいない人
  • セス・ゴーディンのファン

参考英語レベル

この講座を受講するために必要な英語力の目安はTOEIC600点程度。これ以上の英語力と内容に対する興味があれば、この講座を受講し必要なスキルを身につけ、英語力もアップさせていくことができます。TOEICのスコアは相当していなくて、一人で学ぶのは難しいかもしれないけれど、ソフィーの講義、教材のサポートがあるからチャレンジしてみたいという場合も、もちろん受講可能です。

受講することで期待できる効果

この講座を受講した後では、マーケティングの本質を学び、理解することで、思考や行動の指針を持つことができるようになるでしょう。また、誰かを喜ばせる、という仕事の目的を明確にすることで、仕事や日常生活に充実感を与え、学ぶ意欲も高まることでしょう。

この講義を受講するには

「マーケティング学103」は通学コース(長岡・恵比寿)、通信コースで受講可能です。

詳細は下記ページをご確認ください。

通学コースについて調べる 通信コースについて調べる

おまけ1

“This is Marketing”に関するインタビュー動画(約30分)

おまけ2

テキストのサイズ、表紙、中身を動画でご覧いただけます。

最終更新日: | 初回公開日: